お問合せ
フィードバック

超音波センサ
UM18

簡単な設定、完璧な検知

利点

  • 最大1,300 mmの4つの検出距離により、多目的に使用可能
  • 直線または直角のショートなM18筺体により簡単に統合可能
  • 測定値フィルタおよび温度補正付きバリエーションでは、信頼性の高い測定結果および最高のプロセス安定性を実現
  • ワンピース構造の頑強な筺体は最高の設備可用性を約束
  • センサ20個までを同時に使用できる同期モードまたは多重モードにより、柔軟性とプロセス信頼性が向上
  • 様々な出力信号により複雑なアプリケーションソリューションを実現
  • ケーブルを介したティーチインにより、意図しないセンサの誤調整を回避
  • 安定した信頼性の高い超音波技術

概要

簡単な設定、完璧な検知

UM18製品群のセンサは、シンプルでありながら高い機能性を備えています。簡単な統合を実現するため、超音波センサUM18は直線または直角の仕様で提供されています。金属製またはプラスチック製の筺体により、最も要件の厳しい環境条件下でも使用可能です。最大1,300 mmの4つの既存検出距離とLEDによるステータスフィードバックにより、センサは多目的に使用できます。PNP/NPNアナログ出力またはスイッチング出力、1つまたは2つのIO-Link付きプッシュプルスイッチング出力、あるいはアナログ出力とIO-Link付きプッシュプルスイッチング出力の組合せなど、UM18製品群のセンサはあらゆるご要望に対応します。

概要
  • 材料の色、透明度、光沢および外乱光に左右されない確実な測定
  • 最大1,300 mmの検出距離
  • 金属製またはプラスチック製のショートなM18筺体 (長さ42 mm以上)
  • 直線または直角形状
  • 汚れ、埃、湿気および霧への耐性
  • IO-Linkを含む多様なインタフェースオプション

利点

色、光沢や透明性とは関係なく、ほぼ制限なしで使用可能

色付き、光沢性または透明の表面での測定と検出は、とりわけ光学式センサにとって要件の高いタスクであると捉えられていますが、SICKの超音波センサであれば多種多様な用途領域でそれが可能です。また、粉塵、汚れや霧などの不利な環境条件が測定結果に影響を及ぼすこともほとんどありません。更に、検出範囲が幅広いため、わずか1台のセンサで広大なフィールドの監視が可能であり、しかもそれが13 mmから8 mまでの測定範囲で実現します。業界を問わず、SICKの超音波センサは至るところで活躍しています。充実した製品ポートフォリオには、それぞれのアプリケーションに適したソリューションが幅広く用意されています。ぜひご自分の目でお確かめください。

超音波センサの動作原理を詳しくご覧ください。

(超音波) タイムオブフライト測定

センサが発信した音波パルスが、検出対象物に当たって反射します。センサが発信したパルスが対象物に当たり、再び戻ってくるまでの所要時間を測定し、評価し、以下のように間隔に換算します。

間隔 = 音波速度 x 音波飛行時間合計 (t2) / 2

超音波センサの検出距離 超音波センサでは原則的に、測定対象物が吸収する音波が少なければ少ないほど、可能な検出距離は長くなります。動作範囲は、通常の対象物までの距離がどの程度までであれば、十分な予備能で測定可能であるかを示しています。条件が理想的であれば、センサは検出距離限界まで使用可能です。検出フィールドは、アプリケーションに対応できる能力を理想的に評価するために使用します。この検出フィールドに示されている紺色のエリアは、丸棒の検出でのセンサのワーキングレンジを例示したものです。水色のエリアは、最大検出範囲 (検出距離限界) を示しています。なおこれは、理想的な条件下で、検出しやすい対象物 (ここでは例として向きを調整したプレート) に到達できる範囲のことです。センサと測定対象物間のこの範囲には何もないようにして、周囲にある物体が意図せず検出されてしまうことを防止する必要があります。対象物の検出可能性と検出範囲は、その反射特性、サイズと向きによって異なります。アプリケーションによっては、センサは金属ワイヤなどの極小対象物も検出可能です。

アプリケーション志向

超音波センサは真の万能機器です。位置検出、距離測定、固体・粉体・液体の検出などのタスクの種類を問わず、SICKの超音波センサはほぼあらゆる用途領域で高い信頼性と精度を実証しています。業界やアプリケーションに左右されることはありません。

SICKの超音波センサは、考えられるあらゆるアプリケーションでの対象物の非接触式検出で、その威力を発揮します。このオールラウンダーは、プロセスのオートメーションに対するあらゆる要件を確実に高精度でクリアします。

IO-Link

IO-Linkの共同創設者として、SICKは幅広いIO-Linkポートフォリオを市場で提供しています。IO-Linkを搭載したSmart Sensorは、従来の切替信号や測定されたプロセスパラメータを超えるデータと情報を生成および受信します。

メリットの概要

  • フィールドバスレベルでのセンサ統合により一貫性のある通信が実現し、プラントの生産性が向上します
  • 自動パラメータ設定により機器交換が簡単に済むため、機械稼働率が向上します
  • スムーズな信号伝送によりプラントの信頼性が高まります
  • 生産プロセスに応じた自動センサ設定の効果で、アプリケーション内での柔軟性が高まります
  • 配線の手間がわずかで、非シールドケーブルを使用するため、プロジェクトコストが低下します
  • PCでの可視化によりセンサ機能が分かりやすく表示され、アプリケーションの最適なソリューションにつながります
  • 信号強度の低下などの様々な診断方法が利用できるため、ダウンタイムの回避または計画が可能になります
  • 機器ID経由の自動E部品表により文書化が簡素化され、それに伴う手間が減少します

SICKの担当者に相談するか、こちらをクリックしてください。

IO-Linkはセンサをオートメーションネットワークにシームレスに統合することで、「最後の区間」の問題を解決します。それにより、柔軟性、信頼性と効率の向上に向けた新しいアプローチが切り開かれ、プラントでのコスト削減が可能になります。

SICK LifeTime Services

SICKのサービスを受けることで、機械とプラントの生産性が向上し、人員の安全性が全般的に高まり、持続可能な経営の基盤が築かれ、投資財が保護されます。本来のコンサルティングサービスに加えて、SICKは構想計画とコミッショニングでも、また現場で動作中の状況でもお客様をサポートしています。

サービスラインナップには保守点検、パフォーマンスチェックやアップグレード・レトロフィットなどが含まれます。モジュール式に、または個々の状況に合わせて構成されるサービス契約を締結することで、プラントの耐用年数と稼働率が向上します。障害や限界値超過がセンサとシステムによっていつでも検出可能になります。

コンサルティングおよびデザイン 製品、その統合とアプリケーション自体に関して、アプリケーション特有のコンサルティングを提供。
コミッショニングおよびメンテナンス 訓練を受けたSICKサービステクニシャンがコミッショニングおよびメンテナンスを適切に行うことで、最適で持続可能なアプリケーションが実現。
サービス契約 お客様のご希望に合わせて、保証の延長、SICK Remote Service、24時間ヘルプデスク、メンテナンス、稼働率保証やその他のモジュール式ブロックを個別に組み合わせることが可能です。

アプリケーション

技術概要

 
  • 技術仕様概要

    技術仕様概要

    測定範囲
    動作範囲20 mm ... 1,000 mm
    検出距離限界250 mm ... 1,300 mm
    分解能0.069 mm ... 0.2 mm
    繰返し精度± 0.15 %
    応答時間

    32 ms ... 80 ms

    32 ms ... 80 ms 1)

    出力時間8 ms ... 20 ms
    スイッチング周波数

    ± 15 Hz

    25 Hz

    12 Hz

    10 Hz

    アナログ出力4 mA ... 20 mA, ≤ 500 Ω 2)
    0 V ... 10 V, ≥ 100,000 Ω
    0 V ... 10 V, ≥ 100,000 Ω 1)
    デジタル出力
    タイプPNP / NPN / プッシュプル: PNP/NPN
    -
    IO-Link✔ / IO-Link V1.0 / ✔ / IO-Link V1.1
    保護等級IP65 / IP67
    送信漏れストレート / アングル
    • 1) アナログ信号の後からの平滑化は、アプリケーションによっては応答時間を最大200 %延長する場合があります.
    • 2) 4 mA~20 mAおよびU ≤ 20 Vの場合、最大負荷 ≤ 100 Ω.
すべての技術データについては、各製品をご覧ください。

ダウンロード

上へ