お問合せ
フィードバック

光データ伝送

光データ伝送 – 容易になった無線通信

赤外線データ伝送システムISDは無線通信を可能にします。代表的な使用領域は、倉庫および搬送技術でのスタッカクレーンなどで、車両と定置側の間の無線通信を確立するために使用されます。光データ伝送システムは、光学調整された一対の投光器と受光器で構成され、これらは長距離で双方向に通信できます。これはトレーリングケーブルの代わりとして、消耗がなく、コスト効率に優れていて、極めて信頼のおけるものです。

フィルタ:
200.0 m 300.0 m

2 ヒット数:

ヒット件数 1 - 2 / 2

表示: ギャラリービュー リストビュー
製品群 ISD300
長い伝送距離用の光データ伝送
  • 最大伝達距離 300 m
  • データ伝送速度は2 Mbit/sまでパラメータ化可能
  • 微調整用の棒グラフ表示
  • 粗調整用の視覚的補助
  • 多様なインタフェース: PROFIBUS、Ethernet、DeviceNet、Modbus
  • 今すぐ比較する
  • 選択
製品群 ISD400
無線データ通信 – 簡単で高速
  • ISD400 Coreの場合のPROFIBUS DPインタフェース
  • ISD400 Proの場合のプロトコルフリーのFast Ethernetインタフェース
  • ISD400 Proのでの伝送速度100 Mbit/sのFast Ethernet
  • 装置を開かずに行える接続と操作
  • –40 °Cまで使用できるヒータ付きのバリエーション
  • 今すぐ比較する
  • 選択

ヒット件数 1 - 2 / 2

上へ