お問合せ
フィードバック

2D-LiDARセンサ
TiM5xx

完璧な測定精度

利点

  • 外乱光から大きな影響を受けても、表面を選ばない確実な対象物検知
  • 保護構造IP 67によりインドアおよびアウトドアエリアで使用する際の高信頼性
  • 小さいサイズであるためコンパクトな無人搬送車 (AGV) にも簡単に統合可能
  • イーサネットインタフェースにより、簡単な実装とリモートメンテナンスが可能
  • 測定データ出力により、対象物のサイズや形状などの追加情報を特定可能
  • スケーラビリティによるわずかな実装コスト: センサテレグラムは、SICKの製品群に含まれるレーザスキャナのセンサテレグラムと互換

概要

完璧な測定精度

単なる対象物検出を超える: 2DレーザスキャナTiM5xxは、SICKのTiMシリーズの中の測定ソリューションです。HDDMテクノロジー (HDDM = High Definition Distance Measurement) により、対象物の表面状態や外乱光にかかわらず、インドアおよびアウトドアで広いエリアのモニタリングが可能です。コンパクトで堅牢な筺体のTiM5xxは、対象物のサイズや形状などの追加情報を得るために、スキャン対象面の正確な測定データを提供します。TiM5xxは産業用アプリケーションのみならず、ビルオートメーションなどの多様なアプリケーションで使用することができます。搭載されたイーサネットインタフェースにより、簡単な実装とリモートメンテナンスが可能です。TiM5xxは、固定での使用のみならず、無人搬送車 (AGV) や他の移動車両での使用においても効率的なソリューションです。

概要
  • センサ1台のみで235 m²までの面積の監視
  • HDDMによる高い外乱光耐性
  • IP 67までの保護構造による耐性
  • わずか4 Wの低い消費電力
  • 最大でも筺体高さがわずか86 mmのコンパクトな構造
  • 内蔵されたイーサネットインタフェース
  • 最大10 mまでの長い検出距離
  • 産業向けスタンダードの設計とM12オスコネクタ

アプリケーション

技術概要

 
  • 技術仕様概要

    技術仕様概要

    使用領域Indoor / Outdoor
    測定原理HDDM+ / HDDM
    統合アプリケーション測定データ出力
    開口角
    水平270°
    角度分解能1° / 0.33°
    作業エリア0.05 m ... 25 m
    検出距離
    反射率10%の場合2 m ... 8 m
    スキャン回数15 Hz
    使用周囲温度–25 °C ... +50 °C 1)
    シリアル
    USB
    Ethernet
    スイッチング入力0
    スイッチング出力1 (PNP, 「SYNC」/「Device Ready」)
    重量150 g / 250 g
    • 1) IEC 60068-2-14:2009.
すべての技術データについては、各製品をご覧ください。

ダウンロード

上へ