お問合せ
フィードバック

紛争鉱物

コンゴ民主共和国およびその近隣諸国では、特定の資源から得た収益が継続する武力紛争の資金源となっています。ここでは武装集団が重大な人権侵害の下に鉱山を支配しており、そこで採掘したいわゆる紛争鉱物 (主に金、タンタル、タングステン、スズ - 「3TG鉱物」) を全世界に売却しています。

すでに米国のいくつかの企業は、紛争地域に由来する3TG鉱物と関係があるか、またはどの程度関係しているかについて報告を行うよう法的に義務付けられています。これは今後、紛争とは関係のない3TG鉱物のみが取引および購入されるようになることを目的としており、特に認定された製錬システムを通してこの目的を達成することが課題となります。
SICKにはこの米国の報告義務は適用されず、現在のところEUではこのような規制は成立していません。しかしSICKは、人権侵害を引き起こす武装集団を回避するという背景目的を是認し、この目的の達成を目指して活動しています。SICKでは、紛争とは関係のない3TG鉱物のみ自社製品に使用するよう取り組んでおり、コンフリクトフリー調達イニシアチブ (Conflict-Free Sourcing Initiative (CFSI)) によるコンフリクトフリー製錬業者プログラム (Conflict-Free Smelter Program) の確立を支援しています。
 
上へ