お問合せ
フィードバック

ライトグリッドシステム

カスケードでの柔軟で効率的な検出システム

FlexChainでは、最大60のセンサをカスケードして、ライトグリッドを柔軟に拡張することができます。リフレクタ形光電スイッチ、透過形光電スイッチ、リフレクタ形光電センサなどの種類を問わず、異なるセンサ技術を組み合わせて、完全に自由に配置することが可能です。また、シーケンシャルサイクルによって最高レベルの測定確実性が実現し、診断機能によって安定したプロセスが保証されます。

製品の選択

MLG-2

要求が高い用途向け

光線が個別に評価され、詳細な測定データがPLCに転送される測定型ライトグリッドは、複雑なアプリケーションに理想的です。モジュール式構造になっており、異なる監視高さと光軸ピッチが選択可能です。コンベアベルト、自動保管・出庫システムや注文処理で使用することができます。

製品の選択

安全ライトカーテン

安全性とオートメーションの融合

プラントでセーフティライトカーテンを利用すれば、確実な生産性に加えて、高いレベルの柔軟性とオートメーションが実現します。多種多様な用途に適し、最高レベルの安全性を実現する高性能製品が多数用意されていますので、それをぜひ活用して、スムーズなプロセスを実現してください。

製品の選択

ウェブエッジ測定

ウェブ幅を最高精度で検出

確かなライトグリッド技術と最先端のソフトウェアが組み合わされたMLG-2では、ウェブ幅測定で最高レベルの測定正確度と確実なデータ基盤が得られます。様々な機能が備わっているため、特に高速の対象物や透明体であっても確実に検出することができます。

製品の選択

オートメーションライトグリッド

二次元監視向けの豊富なポートフォリオ

SICKが幅広く提供している高性能ライトグリッドを使用すれば、対象物のサイズ、移動速度、光沢性、透明性や色を問わず、物体、人物や車両の確実な検出と測定、存在検知とはみ出し検知が実現します。様々な形状と性能バリエーションが用意されている当社のライトグリッドは、多種多様なアプリケーションの解決に理想的です。

詳細
ライトグリッドシステム
MLG-2
安全ライトカーテン
ウェブエッジ測定
オートメーションライトグリッド

ソリューションを選択してください

適した製品または製品群をここで検索できます

フィルタ:

12 ヒット数:

ヒット件数 1 - 8 / 12

長さ/幅/高さ測定は柔軟に使用可能
  • 光軸ピッチ: 2.5 mm、5 mm、10 mm、20 mm、25 mm、30 mm、50 mm
  • 動作範囲 12 m
  • 機能: クロスビーム測定、4 x ゾーン測定、高速スキャン、透明モード
  • インタフェース: PNP、アナログ、RS485、IO-Link、PROFINET、PROFIBUS、EtherCAT®、EtherNet/IPTM、CANopen
  • 安定したスイッチング閾値の太陽光耐性モード
今すぐ比較する
選択
未来に向けた安全性
  • NFC診断およびスマートフォンアプリ
  • IO-Linkによる診断および自動化
  • 2信号ミューティング
  • 存在検知
  • 可変防護フィールド幅
  • すべての機能をソフトウェアなしで設定可能
  • 低減された分解能: 1または2ビーム
  • 保護等級IP65、IP67およびIP69K、ならびに爆発性雰囲気向けの機種
今すぐ比較する
選択
ウェブ幅を最高精度で測定
  • 測定正確度: ± 0.3 mm
  • 分解能: 0.1 mm
  • 測定フィールド: 3,150 mm (150 mm間隔)
  • 応答時間: 32 μs (ビームからビーム)
  • インタフェース: スイッチング出力3点、アナログインタフェース、IO-Link、RS-485、PROFINET、EtherCAT®およびEtherNet/IP™
  • 動作範囲 2,500 mm
  • インタフェース出力: 5つのウェブ幅と5つの中心位置を含む10個のエッジ
今すぐ比較する
選択
カスケードでの柔軟で効率的な検出システム
  • 最大60台のセンサまで極めて簡単に配線可能
  • 連続的サイクルにより相互干渉を回避
  • 様々なセンサ技術を自由に配置可能
  • センサは様々なケーブル長さで入手可能
  • システムでのセンサデータ評価または生データの直接転送
  • 診断機能でプロセス安定性を確保
今すぐ比較する
選択
高速で最小の対象物を確実に検知
  • 分解能 2 mm
  • 応答時間 3 ms
  • 監視高さ 50 mm
  • ケーブルを介した同期:
  • PNPまたはNPN、QまたはQ反転出力付き
  • 1 x テスト、1 x ティーチイン入力
  • オスコネクタM12、8ピン
今すぐ比較する
選択
非常に高速の透明な対象物を検出するためのリフレクタ形ライトグリッド
  • 応答時間 0.6 ms
  • 8つの可視投光LED
  • 最大8つのPNPスイッチング出力およびひとつの警告出力
  • ポテンショメータによる感度調節
  • 反射性表面での偏光フィルタ
今すぐ比較する
選択
多くの標準アプリケーションに対応可能な頑強なライトグリッド
  • 最大光軸数 128
  • 様々な光軸分解能 10 mm、30 mm、60 mm
  • 検出距離12 mまでの幅広い予備能
  • 感度調節用ポテンショメータ
  • 外乱光耐性 最大150,000 lx
  • 頑強なアルミニウム製筐体
  • PNP/NPN、リレー出力およびテスト入力
  • 光学的同期
今すぐ比較する
選択
極めて幅の狭い形状での確実な検出
  • 120 mm~1,400 mm (160-mmの間隔) までの様々な監視長さ
  • 動作範囲 7 m
  • 応答時間 18 ms
  • 分解能 45 mm~25 mm
  • 投光器および受光器側の明るいジョブLEDによるコミッショニング
  • IP-65保護クラス
  • 最大外乱光耐性 150,000 lx
今すぐ比較する
選択

ヒット件数 1 - 8 / 12

利点

優れた性能、柔軟に使用可能

透明でも、フィルムに巻かれていても、暗色でも、不規則な形状でも、パターンが繰り返される場合でも、SICKのオートメーションライトグリッドは対象物を明確かつ確実に識別します。また当社のポートフォリオは、シンプルなスイッチングタスクも複雑な体積計算も、最高レベルの精度と信頼性で処理します。センサには最先端のセンサ技術が採用されており、トップレベルの性能が得られます。しかも直感的に取り扱うことができあるため、プラントへの統合が簡単に実現します。
高分解能 ライトグリッドでは、極小対象物であっても確実に検出することができます。分解能が高ければ高いほど、検出精度も高くなります。HLGとMLG-2は、わずか2 mmまたは2.5 mmの物体であっても検出することができます。そこでの正確度は、それぞれの速度と設定した応答時間によっても異なります。
短い応答時間 SICKのライトグリッドの優れた特徴は極めて短い応答時間です。そのため、高速の小型対象物であっても瞬時に検出され、正確な位置で測定されます。1 ms未満の応答時間もしくは最小滞留時間を誇るSICKのセンサは、高速の生産プロセス専用に設計されています。
動作モードの初期設定 要件の高いアプリケーションであっても対象物を確実に検出できるように、ライトグリッドには数種類の動作モードが初期設定されています。そのため、センサの動作開始が素早く簡単に実現します。透明体や高速プロセスの場合でも、検出と測定が極めて確実に行われます。
モジュール式構造 製品群MLGとSLGはモジュール式構造になっており、現場での要件に応じて個々にカスタマイズすることができます。監視高さ、光軸ピッチと検出距離に関して、オートメーションライトグリッドをそれぞれのアプリケーションと取付状況に合わせて調整することができます。

環境条件

どのような環境にも対応可能

当社のオートメーションライトグリッドは安定性が高く外乱光耐性を有しており、屋内でも屋外でも-30 °Cから+55 °Cの温度範囲で使用可能です。しかも様々な形状が用意されているため、多くの用途範囲がカバーされます。例えば、深さと幅がそれぞれわずか8 mmと25 mmのSmart Light Gridは、ドア、コンベアベルト、機械や棚などの場所を問わず、ほぼ至るところに統合可能です。VLC100では、読み取りフィールドを40x40 cmと200x200 cmの間で柔軟に調整することが可能です。そして保護等級IP 65/67を誇るMLG-2は、要件が極めて高い屋外用途に理想的です。

ソフトウェア

直感的な設定ツールSOPAS

設定ツールSOPASを使用すれば、オートメーションライトグリッドを要件に合わせて直感的に調整することができます。このアプリケーションでは、多数のパラメータと機能を分かりやすく設定することが可能です。機器の機能原理に関する特別な知識は不要になります。光線と受光エネルギーが表示されるユーザインタフェースでは、テレグラムを素早く把握することが可能です。つまりSOPASでは、用途特有のセンサ設定を極めて簡単に行うことができます。

通信インタフェース

多様なインタフェース

インタフェースが統合されているあめ、ハードウェアを追加する必要はありません。例えばスキャニングタイプのオートメーションライトグリッドでは、IO-Link経由でユーザシステムとの通信が行われます。これはすなわち、データ伝送での性能が向上し、クローニング機能が利用可能で、機器状態の監視が可能であることを意味します。またMLG-2 ProNetには、EtherCAT、ProfiNet、EtherNet IP、CANopenやPROFIBUSなどのインタフェースが備わっています。スイッチングタイプのオートメーションライトグリッドには、リレーとスイッチング出力が備わっています。
上へ