お問合せ
フィードバック

DRIVING YOUR INDUSTRY 4WARD – インダストリ4.0の基礎となるセンサインテリジェンス

技術的進歩は、常に産業を改革する前提条件でした。生産とロジスティクスで自己制御を行うネットワーク接続されたデータベースのバリューチェーンは、過去数年における技術革新のハイライトとされています。この発展は、第4次産業革命として理解されています。

産業プロセスのための情報収集

未来は今現在です。第4次産業革命は、すでに本格的に始まっています。世界中で!複雑な機械環境における生産/制御プロセスをネットワークに接続することは、もはや未来の夢ではありません。ダイナミックかつリアルタイムで最適化される自己組織化工業プロセスで基礎を成すのは、情報の調達とそれ以降の処理です。データサプライヤとしてのセンサは、インテリジェントな工場にとって不可欠です。だからこそ、SICKはセンサ専門メーカとしてその第一線に位置しています。センサ技術は、インダストリ4.0の実現を成功に導くための前提条件です。

センサは測定データを情報へと処理します

未来への基礎として、SICKセンサはインテリジェントに動作し、取得した測定データを自分でさらに処理して転送することができます。ネットワークとデータ転送という観点において、SICKは常に発展を続けています。弊社では、最適化された効率的な生産工程を実現する個々の構成に基づいた、アプリケーション固有の的確なデータ収集をお客様に提供しています。皆様のさらなる発展をお手伝いします!

SICKのセンサインテリジェンスによるインダストリ4.0

 

第4次産業革命が焦点

生産とロジスティクスで自己制御を行うネットワーク接続されたデータベースのバリューチェーンは、過去数年における技術革新のハイライトとされています。

第4次産業革命について

 

 

生産のネットワーク形成およびデジタル化

通信は変化しつつあります。ガラス生産では、機械はインテリジェントなセンサを介して、機械同士で相互に通信したり、直接Ethernetやクラウドとも通信したりできます。つまりネットワーク化された工場は現実のものとなります。

新たな通信レベル

 

ネットワーク化された工場におけるセンサインテリジェンス

ネットワーク化された工場はインダストリ4.0の前提条件です。各センサ、各機械、そしてすべての関連機器は、随時互いに通信し合うことができます。これを通してまったく新しいアプリケーションが生まれます。

ネットワーク化された工場

データ主権およびデータセキュリティ

生産データは、各企業の資産です。データ操作に対する保護と制御されたさらなる処理の定義は、ネットワーク化されたバリューチェーンの最初におけるSICKシステムソリューションの一部です。

データセキュリティに関する詳細

 

インダストリ4.0のその他の基礎

ご質問がおありですか?またはアドバイスをご希望ですか?

お問い合わせください 

上へ