お問合せ
フィードバック

第4次産業革命が焦点

インダストリ1.0およびインダストリ2.0

第1次産業革命は、18世紀後期の蒸気機関の発明、および手作業での生産から機械生産への変換と共に始まりました。およそ100年後、電動生産ラインと共に第2次産業革命が到来します。そして20世紀の初めの3分の1以降、コスト効率の優れた大量生産が実現されるようになりました。

インダストリ3.0におけるセンサの使用

SICKはすでに第3次産業革命で活動していました。この革命は1970年代から1980年代にわたります。電子制御システム、情報技術、エレクトロニクス、ロボット、そしてセンサ使用の増加により、生産/組立/ロジスティクス工程でさらに自動化が進みます。SICKの光電センサは、すでにこの転換期の不可欠な要素となっており、世界的に業界を超えて使用されていました。

インダストリ4.0には欠かせないセンサインテリジェンス

これまで、機械のデジタル化とネットワーク形成を伴う第4次産業革命は、我々の生活をかなり変化させてきました。新技術では、生産とロジスティクスにおける物理的環境とバーチャル環境を機械同士が互いに交信し合うことができる、いわゆるサイバーフィジカルシステム (CPS) として融合させることができます。2011年以来、この開発はインダストリ4.0の概念に統合されています。機械は自律的に相互通信できるため、プロセスの流れが最適化されます。インダストリ4.0は、産業領域のネットワーク化と直結しています。SICKは、バリューチェーンの第一線に位置しています。なぜなら、SICKのセンサは通信には欠かせない膨大な情報を供給することができるからです。

センサ技術は、インダストリ4.0における透明性の高いプロセスの前提条件を生み出します。センサは、そこから派生するすべてのアプリケーションの基盤を形成します。つまり、センサ技術なしにはインダストリ4.0は実現できないということを意味しています。

インダストリ4.0センサは、従来のネットワーク化されていないセンサとは異なり、測定データ以上のものを供給します。統合された分散型計算能力および柔軟なプログラマビリティは、より柔軟でダイナミック、さらに効率的な生産を実現するためには欠かせない重要な特性です。

 

インダストリ4.0のその他の基礎

ご質問がおありですか?またはアドバイスをご希望ですか?

お問い合わせください 

上へ