お問合せ
フィードバック

自動化された製造プロセスにおける完璧な安全性

危険エリアへ出入りする自動材料搬送では、人物に対する危険を回避し生産性を保証するため、様々なソリューションによって防護することができます:

ソリューション方法1: セーフティライトカーテン、セーフティ光電センサまたはセーフティレーザスキャナによるミューティング

ミューティングセンサを搭載した1台の防護装置を含むミューティングシステムによる機械防護
(例えばリフレクタ形光電センサなど)。ミューティングセンサの配置により、搬送対象の材料は材料として判別され、防護装置はプロセスに応じて一定の時間ミューティングされます。人物は確実に検知されます。安全センサとしては、セーフティライトカーテン、セーフティマルチビーム光電センサまたはセーフティレーザスキャナが適しています。
>

ソリューション方法2: セーフティライトカーテンによるパターン認識

ミューティングセンサなしで、水平に配置されたセーフティライトカーテンは、搬入/搬出箇所を防護します。自己学習を行う動的なパターン認識により、セーフティライトカーテンは、確実に人物と材料を判別します。このライトカーテンは、他の二次的センサを使用せずに、人間の足など許容されるオブジェクトパターンを確実に判別します。電気配線やフィルムの残りなど、防護フィールドにはみ出してしまう小さな対象物による障害は、ライトカーテンによって許容されます。これにより、このソリューションは、最大限の安全性と可能性を提供することができます。
>

 

業界/アプリケーション

  • 自動マテリアルフローが行われ、人間が機械動作によって危険にさらされる可能性のあるすべてのアプリケーション
  • 自動車産業
  • 木工業
  • 消費財業界
  • 倉庫・搬送技術
ユーザの利点
  • 確実な人物と材料の判別によって最大限のマテリアルフローが維持されるため生産性が向上
  • 防護装置の追加機能によりプロセス適合のための高い柔軟性
  • ライトカーテンソリューションにおける幾何学的な対象物形状の検出により柔軟性がさらに向上
  • ライトカーテンソリューションはメンテナンス費用と配線費用の削減および追加センサの節約により、より低い総コストを実現
  • ライトカーテンソリューションではたった2つの材料番号しか必要ではないため標準化可能 
上へ